「野ばら」

童は見たり 野中のばら
清らに咲ける その色愛でつ
あかず眺むる
紅におう 野中のばら

手折りて行かん 野中のばら
手折らば手折れ 思い出ぐさに
君を刺さん
紅におう 野中のばら

童は折りぬ 野中のばら
手折りてあわれ 清らの色香
永久にあせぬ紅におう 野中のばら

 


 

童(わらべ)はみたり 野(の)なかの薔薇(ばら)
清(きよ)らに咲(さ)ける その色(いろ)愛(め)でつ
飽かず(あかず)ながむ
紅(くれない)におう 野(の)なかの薔薇(ばら)

手折(たお)りて往(ゆ)かん 野(の)なかの薔薇(ばら)
手折(たお)らば手折(たお)れ 思出(おもいで)ぐさに
君(きみ)を刺(さ)さん
紅(くれない)におう 野(の)なかの薔薇(ばら)

童(わらべ)は折(お)りぬ 野(の)なかの薔薇(ばら)
折られてあわれ 清(きよ)らの色香(いろか)
永久(とわ)にあせぬ
紅(くれない)におう 野(の)なかの薔薇(ばら)

hydemeow 王喵仔 發表在 痞客邦 PIXNET 留言(0) 人氣()